ご利用案内 サイトマップ
 

原爆の日

日本に原爆が落とされたのは、日本の兵隊が国を思い勇敢に戦ったため、米軍が日本本土上陸戦を避けた結果です。

米軍も疲弊し死傷者も数多く出たことで、日本の植民地化を諦めて、戦争を早く終わらせることに舵を切り替えた結果といえるでしょう。アメリカ側の「戦争を早く終わらせるため原爆を落とした」という説明は、事実を言っています。

日本の兵隊が勇敢に戦った結果、アジア諸国が独立していったことで、米軍は、アジアの植民地化を諦めざるを得なくなりました。日本の兵隊が勇敢に戦っていなければ、アジア諸国も中国も、日本も、アメリカの植民地になっていたでしょう。

日本が、欧米の植民地支配に抵抗し、米兵が数多く死にまた、戦勝国といえども、戦争による経済が悪化する中で、欧米が戦争を避けるようにならざるを得ませんでした。その結果として、欧米による植民地支配の時代は終わりを告げたのです。軍事力が弱ければ、悲惨なことになることを私は今の若い人達に伝えたいと思います。

日本が悪いことをした結果、あるいは、軍部の暴走の結果とか、無謀な戦争というのは、すべて戦勝国によるプロパガンダです。そして、負けたのだから、無謀な戦争だったのだろうと逆算するのは、シンプルな考えなのですが、浅はかすぎます。

日本が人種平等の時代を作ったのです。日本が植民地の時代を終わらせたのです。戦争には勝てないまでも、アジア各国を独立させて、少しでも有利な条件でアメリカと講和に持ち込むというのは、素晴らしい作戦だと私は思います。それは、日本の当時の英知を結集させた作戦です。敗戦はもとより、覚悟の上で、したことだというのは言うまでもありません。

戦勝国のプロパガンダに騙されてはいけません。

インターネットの普及により、多くの日本人が少しずつ、真実に目覚め始めています。日本は、普通の国になり、アメリカや中国、ロシアと対等になる時代が早く来て欲しいと思います。

今、大河ドラマの「花燃ゆ」が放映されていますが、明治維新の始まった時代というのは、すでに、フィリピンも、インドも、インドネシアもミャンマーも、ベトナムも、香港も欧米列強の植民地です。その中で、江戸幕府に政権を任せておけないという民衆の力がそれなりに働いています。

国際社会で生きていくのは、今も昔も大変なことであり、日本は軍事力と経済力を保ちつづけなくてはなりません。

その中で私は、安倍政権は正しい方向に向かっていると思います。安倍政権は、正しい歴史認識と国際情勢を認識しているが、国民はプロパガンダに洗脳されたままなので、戦後70年談話でも、揉めるし、安保法案でも、戦争法案などと言われて、全く人気が無いのが現状です。

そして、日本が経済力と軍事力を維持するために、欠かせないのが、原子力発電所です。もしも、原子力発電所が、安全なものとなり、国内のエネルギーの全てを賄い、輸出することまで出来るようになったら、日本の国力は飛躍的に増大します。かならず、そういう日が来るはずです。だから、原子力の技術は手放してはいけません。そして、原子力発電所は地球温暖化も同時に防止します。地球上のあらゆる地域の人に貢献するのみならず、地球上のあらゆる生物がその恩恵に預かるはずです。

目先の不安感だけで、原発を拒否するのは良くないと思います。

ページトップへ